1967年7月・8月9月 学生運動目次へ戻る

                                                           

内外情勢 学生運動 自治会の動き
1967年
7月
5〜7 アジア太平洋閣僚会議(ASPAC)〔バンコク〕に十ヵ国参加、三木外相出席
6 自民党、内閣委で防衛二法改正案を強行採決(20日成立)
10 佐藤首相、束京地裁の国会周辺デモ許可に再び異議申立て
14 三池炭鉱の一酸化炭素中毒患者家族七十名、坑底に百四十時
 間坐り込み
15 香港英当局、反英闘争委の拠点を襲い六百名を逮捕
23 米デトロイトで黒人反乱、全米各地に波及
28 沖縄問題懇談会、教育権分離返還について答申
28 防衛二法改正案公布、一酸化炭素中毒症特別措置法案公布
29 甲府地裁、都留市の都留文科大三教官懲戒免職処分に懲戒権濫用と判決
31 中南米人民連帯会議〔ハバナ〕、武装闘争による革命達成・第二第三のベトナム″等を決議(→8月10日)
7〜9 全寮連第九回大会〔大阪外大〕、民青同系の執行部選出
9 ベトナム反戦・砂川基地拡張阻止大集会〔砂川滑走路前〕に三派系六千名結集、のち正門前で坐り込み、革マル系千名合流、機動隊と衝突、四十三名逮捕、民青同系千名は独自行動
10 青医連・医学連共催・医師法改正案国会上程阻止決起集会〔清水谷公園〕に千名参加して国会デモ、衆院議面前坐り込み、四名逮捕
12〜14 全学連(三派系)全国大会(委員長・秋山勝行)、四十四大学八十五自治会代表参加、中大連合自治会の加盟承認、都交通局合理化反対・佐藤訪ベト阻止等を決議
13〜16 全学連(革マル系)第二十四回全国大金(委員長・成岡庸治)、二十五大学四十五自治会代表参加、ベトナム侵略戦争反対・砂川基地拡張阻止・中国核実験弾劾等を決議、反戦闘争強化を決定
13〜16 全学連(民青同系)第十八回全国大会(委員長・田熊和貴)、七十五大学百五十六自治会代表参加、明るく豊かな学園生活をめざして″をスローガンに一部暴力学生集団の追放″を強調
16 在本土沖縄県学生連絡会議(民青同系)結成
17 中核派系五十名、都交通局再建案阻止で都議会に突入、機動隊に規制され一名逮捕
20 中核派系学生、都議会全員傍聴を要求して都庁前坐り込み、傍聴中止に抗議して都議会に突入、機動隊導入で四十二名逮捕、再建案強行採決
28 東京地裁、日韓闘争で国吉毅被告ら九名に公安条例違反で有罪判決
1 茨城大砂川闘争委主催・砂川基地拡張阻止集会、百名参加して水戸市内デモ、二名逮捕
3 教育大理学部学生大会、筑波移転反対で団交、休暇中の移転審議中止等を要求してスト決議(5日教育学部スト突入、8日自然消滅)
3 明大学費闘争の処分に反対し大衆団交を要求して和泉で三名ハンスト突入
4 慶大、食堂値上げ反対全塾抗議集会、理事会との団交会場前で坐り込み、団交決裂
5 鳥取大医学部、学寮規定適用反対・入棄拒否処分撤回等を要求してスト突入(18日)
7 群馬大教育学部当局、学生大会で執行部(民青同系)と衝突した反執行部派四名を処分
7 東京医大・和歌山県立医大・徳島大医学部、登録医制反対で全学スト(8旦京都府立医大・京大医学部もスト突入)
7 東京学大、寮監設置反対闘争の処分に反対して無期限ストに突入(13日当局さらに九名の第二次処分)
7 明大、不当処分撤回・団交を要求し抗議集会、百五十名参加し学長宅にデモ、四名逮捕
10 教育大農学部学生大会、筑波移転反対・団交等を要求して二日間のスト決議(13日文学部夏期休暇でスト解除、26日評議会筑波移転マスタープラン委設置を決定)
11 沖縄大、学園分離促進全学共闘会議結成
19 明大二部文学部・政経学部、処分撤回を要求してスト
1967年
8月
1 首相諮問機関として沖縄問題等懇談会発足
2 自民党、衆院社会労働委で健保特例法案を強行採決・混乱(議長斡旋工作で18日成立)
3 公害対策基本法公布(企業の無過失責任は立法過程で脱落)
5 社会党秘密代議士会、石井斡旋案に反対、佐々木委員長・成田書記長、辞意を表明
8 新宿駅構内で米軍タンク率と貨車が衝突炎上(19日国労、米
軍需輸送反対で順法闘争)
19 米原潜バーブ号、横須賀入港
22 美濃部都知事、朝鮮大学校認可の諮問方針を決定、政府、好ましくないと反発
4 大阪府学連(構改系)等共催・広島反戦集会に二百五十名参加、国民会議の大会に参加を決定
6 全国反戦青年委主催・八・六広島青年学生反戦集会に全学連(三派系)等二千五百名参加、五会場で分散会
6 全学連(革マル系)等共催・第五回八・六国際反戦集会〔早大〕に八百名参加
15 三派系八十名、原潜横須賀寄港抗議デモ
23 全国・中央実行委共催・原括スキヤップ・バーブ入港抗議横須賀集会に三派系等学生二百名参加、基地正門前坐り込み、四名逮捕
23 全学連(三派系)書記局会議、三里塚・芝山連合空港反対同盟へ調査団派遣を決定
26〜27 都学連(民青同系)第五回大会〔法政大〕
28 べ反委、日特金反戦闘争の初公判で東京地裁内裁判拒否集会、機動隊導入で実力排除、公判は流れる(9月7日地裁、被告七名を監置処分、制裁裁判を強行)
2 佐賀大、不当処分反対・講堂撤去実力阻止で学園バリ封鎖(3日機動隊導入で講堂実力撤去)
1967年
9月
1 南ベトナム民族解放戦線、新綱領(連合政権樹立・南北の交流強化・中立)を放送
5 政府、閣議で研究学園都市建設大綱について″了承、教育大等三十六機関の移転計画発表
7 佐藤首相、台湾訪問に出発(9日帰国)
7 米代理大使、外務省に原子力空母エンタープライズの寄港を申入れ
9 文部省、美濃部都知事に対し朝鮮大学校認可問題で文相と早急協議を申入れ(11日都知事、都私学審議会に諮問)
13 日米貿易経済合同委開会(ワシントン〕(14日三木・ラスク会談、沖縄問題で意見交換)
18 文部省、自衛官の大学入学ほ一般学生と区別せずと見解表明
19 佐藤首相、閣議で大学管理問題の再検討を指示
20 佐藤首相、第一次東南アジア訪問に出発(30日帰国)
28 三池三川鉱で坑内火災、七名死亡、二百余名CO中毒
1 民学同第八回臨時大会、秋のベトナム反戦闘争方針を採択、同盟内ネオ・トロツキズム的偏向″の批判が行なわれる
1〜2 全学連(革マル系)第四十七回中央委〔早大〕、当面の行動方針を決定
7 佐藤訪台阻止闘争、三派系五百名、羽田空港前駅から数回にわたり突入を図るも機動隊の規制で分散、並列規制で六郷河原まで引き回される、革マル系二百名、空港突入を図り投石戦、双方十二名逮捕
10 青医連・医学連共催・九月医師国家試験拒否闘争、東京〔小泉公園〕に百五十名結集して駒沢大にデモ、五名逮捕、大阪〔藤井寺駅前〕、百名結集して四天王寺女子大にデモ、広島・福岡で集会・デモ等全国で一割ボイコット
15 反対同盟等共催・成田空港粉砕・強制測量阻止決起集会〔三里塚公園〕に全学連(三派系)五十名参加
20 第一次佐藤東南アジア訪問阻止闘争、三派系三百名、革マル系百五十名結集、デモ不許可の下、機動隊の並列規制で引き回される
21 べ反委、日特金反戦闘争公判で被告九名、罪状認否に黙秘貫徹、傍聴でコショウをまき一名逮捕
21 大阪府学連・兵庫県学連、一〇・八佐藤訪ベト阻止に一切の組織問題を保留して共同行動に決起を全国にアピール
26 全学連(三派系)中執、一〇・八佐藤訪ベト阻止羽田闘争に決起をアピール
27 全国反戦青年委、各県反戦青年委に一〇・八佐藤訪ベト阻止で羽田現地に結集するよう緊急指令
30 全都ベトナム反戦共闘主催・ベトナム反戦討論集会〔全日通会館〕に二百五十名参加
1 東京学大全学闘準備会(三派系)、処分撤回を要求してパリスト突入(2日執行部(民青同系)大学に休講中入れ、4日スト解除)
4 高崎経済大、第三回公判傍聴に白覆面で百名結集、楼動隊と衝突、公判流れる(18日同事件で二名逮捕、五名指名手配さる)
8 法政大当局、民青同系学生と三沢系学生の衝突で七名(民青同系一・三沢系六)を処分、学生、処分撤回を要求して全学共闘会議結成(8〜11日連日学生部長と団交)
13 法政大、総長団交で民青同系学生の打切り策動のため教授会室に移動し団交継続(14日湯川理事長、機動隊を導入、負傷者続出、二百八十五名無差別逮捕)
14 早大闘争第十五回公判、傍聴人の所持品検査に抗議して全員退廷、地裁、被告・弁護団欠席のまま証人尋問を強行
16 明大学生会、処分撤回を要求して学長選出のための連合教授会に抗議、坐り込みで流会(24日教授会、ガードマンを配して選挙強行)
18 法政大全学共闘会議、機動隊導入自己批判・処分白紙撤回で湯川理事長と団交、民青同系学生の組織的防害で決裂
18 鳥取大医学部当局、七月のストで十四名を処分(19日臨時学生大会、処分撤回を決議)
18 佐賀大学生大会、スト続行・試験ボイコットを確認(19日団交を要求しハンスト突入)
21 法政大社会・経営学部学生大会、処分白紙撤回・機動隊導入自己批判等を決議