掲示板

〜 新着順一括表示ページ 〜
投稿記事を新着順で一括表示します。

[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]


表示件数
[00006]元新時代派です 返信 削除
投稿者:元阪大生
投稿日時:2004/06/14 23:30:54

1979年に大阪大学を卒業した世代です。
当時、阪大ではちゃんと民学同3派がそろっていて、学生共闘派が文学部、デモクラート派
が基礎工学部に、そして新時代派は人間科学部に勢力(といってもそれぞれ十数人でした)
をもってました。
私の在学時はもうすでに相当いがみあってました。それでも不思議と殴り合いには発展しま
せんでしたね。学内でのけんかは、各派と民青のものが多かったような気がします。
ところで、3派はどうして分裂したのでしょうか。教えていただければ幸いです。
(PC等)


[00005]歴史的な総括を 返信 削除
投稿者:DSL WATCHER
投稿日時:2004/04/01 03:09:51

貴重な資料の整理・収集ご苦労様です。
歴史的な資料の記録としての価値は大いに評価するのですが、今日的な視点に立った上での歴史的な総括をぜひお伺いしたいと思っています。また、そういう文書・資料がありましたご教示ください。
(PC等)


[00004]投稿ありがとうございます。 返信 削除
投稿者:佐野秀夫<info@assert.jp>
投稿日時:2003/11/26 21:08:17

ブルーバードさん 投稿ありがとうございます。
 アップが遅れ申し訳ありません。11月中旬に、レンタルサーバー側で不具合が発見されたようで、ある期間、メール転送もできなかったようです。昨日チェックして投稿を確認したところです。
 さて、ご質問の向きですが、正直言って、そのあたりの事情に詳しい方の投稿を待ちたい、という気持ちです。
 私の現役学生時代、また同盟員の時代には、直接的な関係、あるいは指導ー被指導という関係にはありませんでした。しかし、十月社会主義革命記念集会には、共催団体として「こえ」や「平和と社会主義」の団体名があり、志賀さんの講演などもありましたね。時期的に言えば、1973年から1977年の頃です。
 大阪は志賀さんが衆議院議員として1960年代後半まで議席を確保されており、関係も深いと思われますが、学生組織と関係を持つような若い活動家は少なかったように記憶しています。
 実感として覚えているのは、「こえ」の活動家の人は、平均して「教条的」で「本家」意識が強いという印象が残っており、別党コースを否定しておられるのに、勝手に他団体を「指導」の対象のように思い込んでおられるのには違和感を覚えましたね。
 一部のサイトで、民学同を「こえ」の指導下にあったように図式化したものを見かけますが、外から見ての話でしょう。そんな関係にはなかったのです。「三派」の中で関係が深いと言う意味では、うちのグループのような気がしますけれどね。
 今後ともよろしく。
 
(PC等)


[00003]はじめまして 返信 削除
投稿者:ブルーバード
投稿日時:2003/11/13 12:18:10

はじめまして
ブルーバードと申します。
こえ派については殆ど部外者には分からないことが多いです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mmr/glocal/2000/571/m-tanaka.htm
『グローカル』において、
「『日本のこえ』改題『平和と社会主義』は、一九九九年四月二五日付第一二二九号以降、その発行が確認されていない。」
とありました。
こえ本家?(つまり『日本のこえ』改題『平和と社会主義』を発行していたグループです)
と、民学同3派の関係が分かりません。
亡くなられる直前には、志賀義雄 しが よしお 1901(明治34)〜 1989(平成1)
先生は、民学同のどこの一派に荷担してたのですか?
こえ本家?と民学同3派は、いつどのような経緯で分岐したのでしょう。
初歩的ですがご存知でしたらご教示ください。

(PC等)


[00002]掲示板ご利用にあたっての注意事項 返信 削除
投稿者:佐野秀夫
投稿日時:2003/11/07 22:25:46

新規投稿される場合の注意事項です。
タイトル、投稿者氏名の欄は必須事項です。
ペンネームで結構です。メールアドレスを公開いただく場合には、半角英数でお願いします。記入されないでも結構です。
「削除パスワード」は、投稿者ご自身で既投稿文書を削除されたい場合に必要です。これも半角英数で8文字以内で入力ください。
「エラーメッセージ」が出る場合は、ブラウザの「戻るボタン」で戻って、再度やりなおしてください。
(佐野秀夫)

(PC等)


[00001]「民学同40周年を考えるホームページ」開設にあたって 返信 削除
投稿者:佐野秀夫<info@assert.jp>
投稿日時:2003/11/07 22:13:38

 10月号の「ひとりごと」で、今年が民学同結成40周年目にあたることを書きました。もう40年前と言えば歴史に属すると言えます。
 これまでもアサートの中で、故小野義彦先生から譲り受け、佐野が所蔵している歴史的文書類について触れたことがあります。これら文書類について、これまで、少しずつデータベース化を進めてきたこともあり、自分だけの倉庫に残り続けることがいいのかどうか迷っておりました。いっそ、預かって戴ける機関等があればとも考えておりました。
 ただ、昨年8月にホームページをリニューアルした時、サーバーの容量に余裕ができたこと、歴史の検証と言う意味でも資料として誰でも活用していただければいいと考えるようになりました。
 民学同体験とは何だったのか、淡々と振り返ることも必要だと考えて8月から少しずつ、OCRソフト+スキャナーで画像収集とテキスト化を進めてきました。
 現時点で一定の分量が整いましたので、今回アップさせていただくことにしました。
 今後は、当分の間は、1週間に1回(土曜日を予定)更新をしていきたいと考えております。
 それぞれの時代があり、それぞれの経験があることでしょう。この掲示板を活用いただき、交流し、議論の場になればと考えています。
 新規投稿いただきましたら、佐野宛てにメールが入りる設定にしております。確認の上その日の夜には掲載させていただきます。(2003-11-07 佐野秀夫)

(PC等)
前ページ